花屋の悩みを共有

花屋の悩みは花屋じゃなきゃ解決できない!はじめましての方ではない方も多いかと・・・ いっぱい私のところには、お花屋さんの悩みメールがきます。 結構重症のお花屋さんが多く… ちょっとでもいい方向へのヒントになればとこのページを作りました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまた、よくある質問!




自分のお店は人口が少なくて、田舎なのですがこのマニュアルを見れば

状況がよくなるでしょうか?



答え:はい自信を持って大丈夫です。


なぜなら、人口が少なくたって、人が住んでる限り大丈夫な

方法を事例とともに書いているから、すぐにまねできることてんこもりです。



花屋←は花屋専門の経営書がないと乗り越えられないことがたくさん!




すでに危機に直面している方は急いで!
スポンサーサイト
え?そんな事?





そんな事が原因でお客さんが減ってるの?




ん~実際に灯台下暗しの原因が多い場合がありますぞぉ!






あるお花屋さんはね、実際にコンサルタントに入っているお花屋さんなんですが

お花屋さんに案内しもらったとたん…










汚い。







汚いんです。









窓も汚い!今、あなたのお店の窓を見てみて!または冷蔵庫のガラス!






これ致命的よ!まじで。




なかなか気付けない方法を見破る内容を知りたい方もこちら
楽をしたい…っていっつも思ってた。



ダラダラしたという意味でなく、なんかゆったりしたかったんです。



市場の日は、ドタバタで一日が始まり…そして終わる。




こういう仕事よりも、スクールをしたり、好きな雑貨を扱ったり

大好きな多肉植物でかわぃ~~~の作ったり。






こんな一日が過ごせたら(売上の心配なくね…)どんなにいいかなぁ~って


本当に願ってた。



今思えば、願ってただけで何も楽になるための行動はおこしてなかった。



だって、どうすればいいかわからなかったから・・・






でも、ある他業種の社長と話をする機会があって

この悩みをちょっとこぼしたら、





社長ったら、一喝。





「人を雇ったらいいやん」





あぁ~そうですけどぉ。




そんな規模じゃないし…う雇える余裕なんてない。





雇えないんじゃなくて、雇う気がないんでしょ?





へ?そんなことないですよぉ~

雇うようなレベルじゃないんですよぉ。




んじゃさ…  という具合にいろいろカルチャーショックの方法を伝授してもらいました。



これは、花屋←専門での方法に変換して考える必要がある。


簡単に花屋←専門の方法を勉強するのもてっとり早い話ですが

ちょっと考えてみてください。





すごい儲かってる社長の自伝なんか本屋さんにいくとたくさんありますね!


その方法を読みながら、自分の経営方法に当てはめていてみるのも

すごいヒントが生まれるかも!ですよぉ。



てっとり早く、すぐにでもその方法を!という方はこちら

こんなメールをもらいました。



花屋歴5年なのですが、もともと花屋ではなく友人から継いだ状況で

いきあたりばったりの経営で、いつつぶれてもおかしくないという状態が

もう5年も続いています。


ほっと息つく暇もなく、売上が安定すれば楽になりそうです。

どうかヒントを下さい。



すごいねぇ~

本質?




本質ってなに?と思いましたが、





花屋としての経営の本質ってことですかねぇ…?




一番に気にしてるのは、なんといっても

『絶対に毎日ノルマを超えるほどの売り上げ』 がほしいと思います。




実際に私自身「超悩み」でしたし。




でも、「これさえやれば必ず売れる!」という確信をつかまない限り


毎日安心できる日は来ないかな。




そして、「何から始めればいいですか?」


この質問は絶対的に多い。





花屋←のマニュアルに書いてある通り、

知らない売り方や、知らない方法がこの世にはたくさんあるということ。




答えは、とにかく、適切な花屋←専門の方法を知るということ。これにつきます!




花屋専門の売り方、安定する方法はこちらから

ん~



切実ですねぇ~
はじめましての方ではない方も多いかと・・・




いっぱい私のところには、お花屋さんの悩みメールがきます。


これが、結構重症のお花屋さんが多く…



ですので、この場でちょっとでもいい方向へのヒントになればとこのページを作りました!

お花屋ONLY

Author:お花屋ONLY
二島由美子ってだれ?って聞かれると…。



よく知られている二島さんは



「3時間で80万円を売りつくす人」と言われています。



好きな事をして「楽しく、美しく!」そして夢を叶えるために



私自身が今まで実際に実行してきて、さらにうまくいった「考える方向」と「行動」をお伝え
し、ヒントを与え続ける「おまけでドットコム」を主催。




27歳で株式会社を起業し、たくさんのお花を売り、そしてお客さんの輪を広げて、
たくさんの『かっちょいい』お庭を創り続け、そして、ガーデナーを輩出してきました。




私の履歴・・・
牧山小学校→八重原小学校→清見台小学校と転校を繰り返し・・・。
のような幼少時。ちなみに幼稚園中退。




高校卒業後、一か八かで受けた大手ゼネコンに入社。(建築)超おおまぐれ。




そしてそして・・・
人に作られた借金1700万円をかかえ・・・死にそう。



昼夜働き、コツコツ返済そして一気に完済!この時に『稼ぐ!という事、稼げるんだ!と
いう事に目覚める。』




借金が終わるとともに日本脱出!サイパン→グアム→ハワイを転々とダイビングのイン
ストラクターとして


しかし、潜水病になり強制送還。




朝昼晩の時間がまったくわからないほど忙しく・・・自律神経失調症に(数々の病気発病)





「このまま行ったら死ぬよね・・・」「間違いない。」じゃあ何する?この仕事じゃなか
ったら?と聞かれ



迷わず、『花屋!』と答え・・・じゃあやろう!




で、次の日から花屋になる調べが始まった。


そして、本当に少しの資金から始まったんです。



今思えば、もっとお金は削減できたな!ってことがたくさんあります。



だから、お花関係の仕事に付きたいという方に全面的に協力が出来るのです。




初めはお花をただ単に売ってました。


それが、ガーデニングという流行にいち早くのり、お庭の大改造をしまくりました。




その中でも、イングリッシュガーデンみたいに小さなお花がいっぱい集合!




みたいなお庭の構造から、アメリカンガーデンみたいに
大きな鉢でどんどんダイナミックにアレンジしていくお庭まで



たくさんの種類がある事に興味津々になり・・・



室内に『他には絶対売ってないようなアートな形の観葉ものでジャングル』部屋にバナ
ナ!みたいなものも創ってきました。


その中でも、やっぱり利益を追求するとう売り方に興味があり、


というか、それをがっちり考えないと・・・倒れる。


他のお花屋さんは『とにかく安く』しないと



売れないんだよ!といっている時に私は破格の高い値段で売っていました。


売り方のアイデアだけなんですよね。


ただ単に。



例えばね、あなたに指令が出て、「鉛筆を売りなさい」ていう指令で、
えんぴつを売ろうとしたら、



『いくらだったらこの鉛筆売れるだろう?』って考えるでしょ?



私はね、



『えんぴつか~じゃあ、消しゴムと鉛筆削りと筆箱とキャップと下敷きと・・・』



こういう売り方をしたら便利セットみたいなんで、売れるし、定価で売れるだろうし、



一気にたくさん売れるでしょ?




小さく商売するには利幅をどうしたら多く出来るんだろう?
って肌で感じるようになったんです。




そういう考えをする事は、当たり前だと思ってたら、そういう考えは普通しないらしい。



それで、初めは『お花屋さんから、どうしたらそんなに利益を出して売れるのか?



うちにきてヒントを考えてよなんて私の今の形になる原型が始まったんです。』



ある時、友人と話してたら、その友人は昔から花屋さんになりたかったんだって!



そして、今はもう子供もいるし今から、どこかの花屋で修行して独立なんて無理だし・・・



なんて話をされたの!


この人何言ってんだ?花屋が一番手っ取り早く仕事になるのに!



だって、ぬいぐるみを売るのとわけが違うよ!



花はさ、必ず需要があるんだからさ・・・なんて。




そんで、もしかして普通の女性や、リストラされて・・・
なんていう方に教えられたら本当に嬉しいな!


なんて、幸せを感じてしまったのです。(伝授する事に!)




そのプロセスでどうしたら、楽しく儲けられるのか?を肌で感じる。そして、好きな事をし
て儲けられたら



こんな良い話はない!




で、どんどん楽しく仕事をできる!「う~ん美しい」という人がたくさんでてきたらいいな!
で教える体制

バックアップ体制をとれるに仕事がしたくなったのです。 

続く…なんちって。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。