花屋の悩みを共有

花屋の悩みは花屋じゃなきゃ解決できない!はじめましての方ではない方も多いかと・・・ いっぱい私のところには、お花屋さんの悩みメールがきます。 結構重症のお花屋さんが多く… ちょっとでもいい方向へのヒントになればとこのページを作りました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すごい花屋おやじシリーズ。ざま~みろエロオヤジ!編

大人になって意地悪されるとは・・・。

思ってもみなかった。しかも大人によ!
あなたもきっとTVなんかで、観た事あると思うけど・・・


お花屋さんなら、毎度おなじみの光景だとは思いますが
まだお花屋さんの経験がない人には…
マグロの競りって観た事あるでしょ?

手競りって言ってね、人差し指立てたり、

マコトちゃんみたいに『グワシッ』みたいな指を
つくって、何て言っているか…なんだけど、あれで、『金額と量』を競り人に伝えて
競り落とすの!


お花の業界も大体同じ。

古いところはみんな手競りだよ。←市場は色々地方によって違うよ!



お花の大きなコンテナの前でコンテナと一緒にゾロゾロみんなくっついて、
お花のあの黒いトレーごと競って買うんだよ!


一枚いくらか、誰が買ったのか?いつ競り落とせたのか・・・


まったくヒアリングが出来ず・・・と言っても特殊な言葉なんだけど。

~でいんごではい!当時はそう聞こえた…

これわかる?わかるかっ!

そんな凄まじ状況に急に入ってしまった私


そんな中で、ギュウギュウ詰めになってお花を品定めして
一瞬で競り落とすから私の背後のオヤジの鼻息と、息で毎日『ゲロゲロ』


あなたにはそんな事させたくないから、
きちんと教えてあげるから安心してね!



それでも変な事されたら、すぐに言ってきてね!
私がぶっ飛ばしに行ってあげるから!


でもこの市場で競りに出れるのは奇跡みたいなもん。なぜなら、
2週間通い続けてやっと
常務という偉い人に保証人になってもらってやれた事なの・・・


おまえはアホか~と言われ続けやした。
『素人が始めたりするから・・・』なんだよ!


なんて」オヤジ」に馬鹿にされ。でも泣かないもん!
とウルウルしながら帰った事も。



本来なら、家族や親戚の後を継ぐなんて人しか競りはしないらしい・・・

そんな中、は~おばちゃんにいじめられたよ!オバハンに!
買わしてくれないの!

すごいでしょ!花を買いに来てるのに花を買わして貰えないんだよ。

なんでこんな目に遭ったのか。

それは、私の準備間違いと段取り違い!


順番を間違えるとやはり大変・・・。

お花を仕入れるなら『市場』しか頭になかったので、
最初から『市場』にお花を仕入れたいんですが…
と行くといきなり

鼻で笑われた・・・


でもね、
気合入りまくりの私としては、なんとか3ヶ月で結果を出そうと・・・
耳から血が出るほど考えた。

そしたら、オヤジが笑えなくなった・・・


ざま~みろ!とお腹で涙を流すぐらい笑いやした。



なにせ、市場はその日にお金を払うからね、
どれだけの量を買ったかで、金額がわかるのよ!
私は始めて、3ヶ月目にして一日の仕入れを50万まで買い


一日で売り切った!
あはははははははは
ざま~みろエッチなオヤジどもよ!と思いながら・・・





帰りのトラックは涙が止まらんかったよ


花屋専門マニュアルはこちら
スポンサーサイト
もう疲れちゃって…


文章を読む気になれません。

そんなメールを頂きました…



そりゃそうですね



疲れてるのに、さらに疲れることを考えるだけで疲れちゃいますね!






前から、セミナーとかやってるんですか?という問い合わせとともに

もう少し詳しく花屋が儲かるための方法を教えて下さい!という声に




セミナーの音声をUPすることにします。



セミナーの音声はたくさんあるので、この時間からどんどん音声セミナーをUPするので

10分間隔…なんてオーバーですが、どんどんチェックしてみてください。



お知らせはしますが、お知らせよりもチェックされたほうが早いかと…




まずはこちらの音声から!

NEW! 2008年10月12日

本日は売上を上げるためのご質問にお答えしています!





売上を上げるためのセミナーの一部を音声にて聞けます!

※音が出ますので、音量に注意して下さい!


おまけでドットコムへ




何をやっても空回りの時期。




きっと誰にでもあるんでしょうが、自分の身に降りかかってきた時には

どうすればいいのか困惑します。



頑張っても頑張っても空回り。




私の場合は、まったく花屋という世界に触れたことがなかったので

悩みも、宇宙的規模の悩みに感じてましたね。



その時の最大の悩みは…


商品の『売る技術』私には技術がなかった…




だから、どうすればいいのか「明日が見えない」 これは苦しかったです。


ずっと売れず、というか売る筋道がなかったのですが…


でも、今思うと私のまわりにはたくさんのアイデアやヒントが転がっていた。


視点が違うから、チャンスとも思えない。




それがはっきりと「チャンスの女神」が見えた瞬間があった。





それはね、

あれよあれよとお客さんにある物を売っている人を発見!

それも、アメ横で!達人を見つけて、『驚愕』



その売り方はね、アメ横に行ったことがある方は知っていると思いますが、

お菓子の箱をどんどんビニールに詰め込んで、これでもか!って言うくらいに

詰め込んで1000円!という売り方。





見ている側は。「あんなにいれて1000円?」安いっ!


なんて思うけど、実際買ってみたら、箱がでかいだけで…



でもさ、すごく満足感があるんだよね!この売り方って。



箱のお菓子ってゴージャスじゃない?




それだけで、満足なんだよね!




ここで学んだことは、値段じゃなくて、満足を売る!ということ。



満足を売ったら、金額は関係ない。



ここから私の快進撃が始まったんです。




私は、無店舗のトラック売りから品川店舗、そしてアメリカでの花屋を

作ってきました。




今は、アメリカの店舗と日本でのコンサルタント業(花屋専門)しかも

普通のコンサルタントではない…





売り技術を教える先生です。



当り前のことなんか言いません。



必要としていることは戦術。売る技術を教えてほしい人が多いでしょ?

http://omake-de.com/ameyoko.mp3




だから、売る技術を徹底的に教えているのですよぉ~。


セミナーでの音声ではこちら↓




お花屋ONLY

Author:お花屋ONLY
二島由美子ってだれ?って聞かれると…。



よく知られている二島さんは



「3時間で80万円を売りつくす人」と言われています。



好きな事をして「楽しく、美しく!」そして夢を叶えるために



私自身が今まで実際に実行してきて、さらにうまくいった「考える方向」と「行動」をお伝え
し、ヒントを与え続ける「おまけでドットコム」を主催。




27歳で株式会社を起業し、たくさんのお花を売り、そしてお客さんの輪を広げて、
たくさんの『かっちょいい』お庭を創り続け、そして、ガーデナーを輩出してきました。




私の履歴・・・
牧山小学校→八重原小学校→清見台小学校と転校を繰り返し・・・。
のような幼少時。ちなみに幼稚園中退。




高校卒業後、一か八かで受けた大手ゼネコンに入社。(建築)超おおまぐれ。




そしてそして・・・
人に作られた借金1700万円をかかえ・・・死にそう。



昼夜働き、コツコツ返済そして一気に完済!この時に『稼ぐ!という事、稼げるんだ!と
いう事に目覚める。』




借金が終わるとともに日本脱出!サイパン→グアム→ハワイを転々とダイビングのイン
ストラクターとして


しかし、潜水病になり強制送還。




朝昼晩の時間がまったくわからないほど忙しく・・・自律神経失調症に(数々の病気発病)





「このまま行ったら死ぬよね・・・」「間違いない。」じゃあ何する?この仕事じゃなか
ったら?と聞かれ



迷わず、『花屋!』と答え・・・じゃあやろう!




で、次の日から花屋になる調べが始まった。


そして、本当に少しの資金から始まったんです。



今思えば、もっとお金は削減できたな!ってことがたくさんあります。



だから、お花関係の仕事に付きたいという方に全面的に協力が出来るのです。




初めはお花をただ単に売ってました。


それが、ガーデニングという流行にいち早くのり、お庭の大改造をしまくりました。




その中でも、イングリッシュガーデンみたいに小さなお花がいっぱい集合!




みたいなお庭の構造から、アメリカンガーデンみたいに
大きな鉢でどんどんダイナミックにアレンジしていくお庭まで



たくさんの種類がある事に興味津々になり・・・



室内に『他には絶対売ってないようなアートな形の観葉ものでジャングル』部屋にバナ
ナ!みたいなものも創ってきました。


その中でも、やっぱり利益を追求するとう売り方に興味があり、


というか、それをがっちり考えないと・・・倒れる。


他のお花屋さんは『とにかく安く』しないと



売れないんだよ!といっている時に私は破格の高い値段で売っていました。


売り方のアイデアだけなんですよね。


ただ単に。



例えばね、あなたに指令が出て、「鉛筆を売りなさい」ていう指令で、
えんぴつを売ろうとしたら、



『いくらだったらこの鉛筆売れるだろう?』って考えるでしょ?



私はね、



『えんぴつか~じゃあ、消しゴムと鉛筆削りと筆箱とキャップと下敷きと・・・』



こういう売り方をしたら便利セットみたいなんで、売れるし、定価で売れるだろうし、



一気にたくさん売れるでしょ?




小さく商売するには利幅をどうしたら多く出来るんだろう?
って肌で感じるようになったんです。




そういう考えをする事は、当たり前だと思ってたら、そういう考えは普通しないらしい。



それで、初めは『お花屋さんから、どうしたらそんなに利益を出して売れるのか?



うちにきてヒントを考えてよなんて私の今の形になる原型が始まったんです。』



ある時、友人と話してたら、その友人は昔から花屋さんになりたかったんだって!



そして、今はもう子供もいるし今から、どこかの花屋で修行して独立なんて無理だし・・・



なんて話をされたの!


この人何言ってんだ?花屋が一番手っ取り早く仕事になるのに!



だって、ぬいぐるみを売るのとわけが違うよ!



花はさ、必ず需要があるんだからさ・・・なんて。




そんで、もしかして普通の女性や、リストラされて・・・
なんていう方に教えられたら本当に嬉しいな!


なんて、幸せを感じてしまったのです。(伝授する事に!)




そのプロセスでどうしたら、楽しく儲けられるのか?を肌で感じる。そして、好きな事をし
て儲けられたら



こんな良い話はない!




で、どんどん楽しく仕事をできる!「う~ん美しい」という人がたくさんでてきたらいいな!
で教える体制

バックアップ体制をとれるに仕事がしたくなったのです。 

続く…なんちって。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。